テレフォンセックスをする為のやり方

電話を使って擬似的にエッチするテレフォンセックスにチャレンジしてみましょう。大手の出会い系サイトでも専用の募集掲示板があり、オナニーとは一味違った楽しさがあるようです。

まずは大手のテレフォンセックス対応のサービスに会員登録
まず最初にしなければならないことはテレフォンセックスができるサービスを探すことです。クオリティの低いサービスでは女の子が見つからないどころか、業者ばかりいて迷惑メールや架空請求などの被害に合うということも。そのためこのチョイスはとても大切です。

もっとも単純で有効な方法は、大手のサイトを利用することでしょう。これはGoogleで「テレフォンセックス」と検索することで簡単に見つけられるでしょう。

いっしょにサービスの評判についても調べておきたいですね。「(ホームページの名前) 評判」や「(ホームページの名前) レビュー」といったワードで検索すると、たくさんのユーザーの意見が見られるはずです。

これらは具体的な使用感や悪かった点なども含まれる、とても貴重なナマの意見です。運営者視点では語れない内容も盛りだくさんですので、ぜひとも参考にしてみましょう。

サイトを探す時に注意したいことは、必ずテレフォンセックスのサービスを取り扱っているところにするということです。実は、全年齢に対応しているSNSでも相手を募集してSkypeでエッチを行う人はいるようです。

これはとくにゲーム系のホームページに多いとも言われています。年齢層が若く、未成年の女の子も見つけられるかもしれない点がメリットのようです。

しかし、このような全年齢のサイトでは通常規約で禁止されているはず。運営のパトロールも厳しいため、すぐに退会させられてしまうかもしれません。また、18歳未満の児童にいかがわしいことをするのは法律的にもリスキーです。

そのため、ホームページを探すときは必ず専用サービスを取り扱っているところで行うようにしましょう。

テレフォンセックスを始める前にお互いの写メを交換
優良なサービスに会員登録して女の子を見つけた後はいよいよ本番。すぐにでも始めたいところですが、しっかりと準備をしてから臨むようにしましょう。

その1つが、相手の顔が分かるようにしておくことです。カメラを接続するライブチャットなら問題ありませんが、単純にマイクを使って通話をするだけでは女の子の姿が分かりません。

テレフォンセックスにおいて、女性がオナニーしている、手コキやフェラをしてくれているといった行為の様子をイメージできることは重要です。必ず写真を交換するなどして相手の見た目を確認しておきましょう。

テレフォンセックスを始める時は、まず専用サイトに会員登録する必要があります。検索や口コミ、レビューを活用して優良サービスを見つけましょう。また、エッチをする際はお互いの顔が見えるとさらに楽しめるはずです。

テレフォンセックスエッチな女性の見つけ方

テレフォンセックスをする時に重要になることが女性の見つけ方です。相手次第でエッチが何倍も楽しくなるものです。ユーザーのプロフィールをしっかりと見て、相性バッチリのパートナーを見つけましょう。

自分と相性がマッチしている女性に声をかけましょう
テレフォンセックスのサイトでは、通常の出会い系サイトと同じようにプロフィールや掲示板を見て女性を探していきます。

ここで、「自分に合った相手か」という点はとても重要です。「すぐにでもエッチしたい」という人もいれば、「ゆっくり会話して仲良くなってから」という人もいます。男性は女の子の気持ちやペースに合わせてコミュニケーションを取っていくことが大切です。

また、SかMかという点も大きな要素です。事前にどちらがリードするかということが分かるよう、プロフィールにも書いておくと良いでしょう。

万が一お互いに噛み合わない場合、女性に合わせてもらっても相手は満足できないから次に続きません。自分が妥協したら今度は自身が楽しめないでしょう。手当たり次第に誘うのではなく、「この人となら楽しめる」という人にだけコンタクトを取りましょう。

狙い目は人妻 欲求不満な女性がたくさん
「なかなかノッてくれる女性が見つからない」そう悩む方にピッタリの秘訣があります。それは人妻を狙うことです。テレフォンセックスを楽しんでいる場合は旦那とセックスレスになっているために欲求不満であることが多くなります。

そして、テレフォンセックスの利用者は意外とこの層がとても多いこともポイントです。メッセージを送ればあっという間に食い付いてくるかもしれません。日記のような機能があったらちょっぴりエッチな体験談を載せて興味を引かせても良いでしょう。

ただし、人妻を相手にする時は時間帯に気をつけましょう。旦那がいる夜間は相手にしてもらえないことが多いはず。日中を狙ってコンタクトを取るか、単身赴任中の女性を狙ってみましょう。

挨拶から後戯まで テレフォンセックスの流れ
始めてのテレフォンセックスはどうしてもグダグダとしてしまいがち。上達のためには回数をこなす必要がありますが、それまで何回も失敗してしまってはモチベーションも続きません。

初心者にもっとも多い失敗が「無言」です。通常のセックスではテクニックでカバーできるものですが、テレフォンセックスは会話によって成り立つため致命的なものになるでしょう。そこで、「次に何を言えば良いのか分からない」という状況から抜け出すためにプレイの大まかな流れを掴みましょう。

1) 挨拶、会話
いきなり「テレフォンセックスしませんか」と言うのはNGです。女性はムード感のない男性を嫌います。通話を始めたらまずは簡単に挨拶をして、当たり障りのないように会話をすることから始めましょう。出身や趣味、仕事の話題から始めると良いでしょう。

それから徐々にエッチを進めていくための雰囲気作りに入ります。ごく普通の話題から「テレフォンセックスをしたことがあるか」「出会い系サイトで誰かとエッチしたことがあるか」といったアダルトな内容にシフトしていくと持っていきやすいでしょう。

どうしてもうまく雰囲気を作れない場合は、素直に「したことないんです」と告白してしまった方が良いかもしれません。下手に見栄を張ると「慣れていない人」ではなく「エッチが下手な人」というイメージを与えてしまいます。また、不慣れな印象を与えることは、むしろ女性に主導権を握って欲しい時に有効なテクニックになります。

2) 前戯
軽く会話をした後はいよいよエッチに入ります。自分がリードする場合は、女性に「胸を触ってみて」といった指示を出していきます。そこから更に相手の言葉を頼りに言葉責めをしてきましょう。女性にリードしてもらう場合はその逆になります。相手の指示に従って、自分の様子を相手に伝えていきます。

3) 挿入
お互いに興奮してきたところで挿入に入ります。基本的に会話の内容は前戯の時と変わりません。

ただし、注意したい点はフィニッシュです。同時にイケたらベストですが、中々そうはいかないものです。しかし、タイミングがズレてもすぐに止めてしまうのは女性に失礼なためNGです。必ず相手がイクまで演技して付き合ってあげましょう。

4) 後戯
イッて「それじゃ、さよなら」では、本物のセックスでも女性に嫌われてしまいます。エッチ後のピロートークはテレフォンセックスでも大切です。「気持ち良かったよ」「可愛かったよ」といった言葉をかけて、相手の心も満足させてあげましょう。

テレフォンセックスでは自分にマッチした相手を見つけたいところ、その狙い目は何と言っても欲求不満な人妻でしょう。また、初心者は電話エッチの時に緊張して無言になってしまいがちです。しっかりと会話ができるよう、挨拶から後戯までの流れは大まかに把握しておくと良いでしょう。

テレフォンセックスをする時の心得

テレフォンセックスも出会い系サイトと同じ、女性に嫌われないことが大切になります。うまくいけば恋人やセフレといった関係にも発展するかもしれないものですから、より良い関係を築けるよう頑張っていきましょう。

「ガチャ切り」や「出会い厨」はNG 相手に嫌われる行為
嫌われることをしないということは人付き合いでは当然のことですが、インターネット上では少し勝手の違う部分があるため注意したいところです。もちろん、無神経な発言などは控えるべきでしょう。

テレフォンセックス特有の嫌われる行為として、電話を突然切ってしまう「ガチャ切り」が挙げられます。とくに自分が射精し満足するとそのまま切ってしまう男性が多いようです。しっかりと相手も満足し、その後の会話も楽しんだ後で終えるようにしましょう。

ほかに気を付けたいのは、その気がないのに通話が切れてしまうことです。例えば、回線の調子が悪い、ポイントが切れてしまったなどが原因として考えられます。

それが不慮の事故だったとしても、女性としてはどうしても良い気にはなれません。不用なアプリケーションを閉じて動作を軽くしておく、ポイントを多めにチャージしておくなどで予防をしておきましょう。

ほかにも、インターネット上での付き合い全般で嫌われるものが、相手の連絡先をしつこく聞いたり、都合も考えずに実際に会おうとする、いわゆる「出会い厨」行為があります。

男性が思っている以上に女性は相手の思惑に過敏です。必要以上に踏み込んでくる人がいたらすぐに気づきますし、「危ない人だ」と思って二度と連絡をしてくれません。適度な距離感を保つことが良い関係を続けるコツになるでしょう。

相手の反応によってアドリブができる聞き上手になろう
テレフォンセックスをする女性は、自分がエッチな姿になっているのを誰かに見られたい、もしくは聞かれたいという願望があります。そのため、相手の言葉によってアドリブをしていくことが重要です。

初心者にありがちなことが、融通が利かないということです。よく「テレフォンセックスで女の子に喋る原稿を作ってきた」という男性がいます。その一生懸命さはとても大切なことですが、読むことに精一杯になって相手の言葉が聞けないようなマニュアル人間になってしまってはいけません。

相手を楽しませるには自分が楽しむことから
女性のエッチな声を聞いていればどうしても欲が出てしまうもの、「出会ってセックスしたい」と思いがちです。しかし、上記のように「出会い厨」行為は相手に嫌われます。邪念をすてて、テレフォンセックスを純粋に楽しむことを目指しましょう。

「どうしても出会いたい!」と思ったら、テレクラを使うと良いでしょう。これは電話を介して女性と会話をすることを斡旋しているお店で、交渉次第でテレフォンセックスや実際のデートも行えます。

>>テレクラについて書かれているのはこちら<<

テレフォンセックスで女性が嫌うのは、ガチャ切りや出会い厨、無言などが挙げられます。相手を思いやり、適度な距離感を意識すれば好感度はきっとアップすることでしょう。

テレフォンセックスの料金・支払方法

多くの方が気にするであろうテレフォンセックスにかかる料金。ある程度お金がかかってしまうことは避けられませんが、初心者ならではのお得な節約術が存在します。

ラッキーコードを利用してお得に始めましょう
テレフォンセックスでは通話時間に応じて料金がかかるというのが基本です。相場は1分で150円~250円ほどと言われています。通常の電話と比べればけっして安くはありません。

そこでぜひとも使いたいものがラッキーコードです。会員登録する時にこのコードを入力することで数千円分の無料体験ができる、ポイントがボーナス付与されるといったものです。絶対にお得ですから、ぜひとも利用しましょう。

後払い制は使いすぎに注意
支払い方法は大きく分けて2つ、ポイントをあらかじめ購入する前払い制と、月ごとに利用料金の請求が来る後払い制があります。前者はプレイ中にポイントが切れて通話が中断されてしまうという問題があります。これでは不完全燃焼で終わってしまい、相手の女性からの印象もダウンしてしまうでしょう。

そのような悩みを抱かないためには後払い制がオススメです。しかし、あまりのめり込みすぎると翌月にビックリするような額の請求が来ることも。使いすぎには十分注意しましょう。

テレフォンセックスは1分で150円~250円ほどと、普通に電話をするよりはどうしても高くなってしまうため、計画的に楽しんでいきたいものです。しかし、ラッキーコードがあれば数千円以上お得に始められます。「これから始めてみよう」と思う方は、ぜひとも利用してみましょう。

Copyright(c) 2016 xxx All Rights Reserved.